〒252-0324 神奈川県相模原市南区相武台1-25-2 佐藤ビル1F
相武台前駅北口 徒歩2分 駐車場:無料提携コインパーキングあり

  日祝
9:00~12:30最終受付 _
14:30~20:00最終受付 _ _

△:9:00~15:40受付終了

お気軽にお問合せ・ご相談ください

046-259-9871

腰痛の原因

腰痛の女性

多くの方が、20代後半くらいから腰痛を感じ始めます。そして、60代になって腰痛を経験したことがないという方は数少ないようです。早い方だと、学生時代から腰痛に悩んでいる。という方もいらっしゃいます。

こんなに、多くの人を苦しめる腰痛の原因とはなんなのでしょうか?

腰痛治療を長く続ける私の考える腰痛の原因について書いていきたいと思います。

原因を知ることは解決の第一歩。ご一読頂けると幸いです。

腰痛を起こす要因は大きく3つ

たくさんの患者様のお話を聞き、体をみてきて、腰痛を引き起こすきっかけは人それぞれですが、そのベースには共通するものがあります。それが、以下の3つです。

  • 普段の姿勢
  • 体の使い方のくせ
  • 大きすぎる負担

1、普段の姿勢

”2足歩行が始まった時から腰痛は人間の宿命。”とまで言われる腰痛。
元々、人間は四つ這いの動物でした。この頃には腰痛はなかった。なぜなら腰に負担がかからないから。

しかし、人間は両手を使うようになり、立ち上がりました。二足歩行を始め、頭も大きくなり、知能を身につけました。その代償として腰痛に悩むようになってしまいました。

でも、腰痛にならない人もいます。なぜならないのか?なんで自分はなってしまうのか?

大きな違いは普段の姿勢にあります。

よくある姿勢パターンを並べてみました。

  1. 正常な姿勢
  2. 猫背タイプの方
  3. 反り腰タイプの方
  4. スウェイバックタイプの方

右側の3パターンの姿勢をしていると、腰に負担がかかり腰痛に悩むことが多くなります。
通常であれば、人の背骨は緩やかなS字を描き、衝撃を吸収します。
しかし、S字のカーブが少なくなったり、大きくなりすぎると腰に負担がかかります。
無理な重さを支えるために筋肉が緊張してしまうのです。緊張した筋肉は固くなり、血行が悪くなり痛みを発します。

この大事な”背骨のS字カーブ”を保つためのポイントが骨盤の傾き方です。

やや前傾した角度が正常ですが、前傾し過ぎて反り腰になったり、腹筋が弱いことで骨盤が後傾し、猫背タイプの姿勢になったりスウェイバック姿勢になったりします。

2、体の使い方のくせ

スマホをみる女性

普段気にしていない姿勢に気づくことが
腰痛予防の第一歩

普段生活する中で、あなたの体の使い方くせはどの様なものが思いあたりますか?

歩き方
立ち方
寝方姿勢お風呂に入る時の足のあげ方
テレビの見か​食事の時の座り方
お買い物中の歩き方
車の運転時の姿勢
自転車に乗る時の姿勢
パソコンを見てるときの姿勢
スマホを見てる時の姿勢・・・癖のつきやすい体の使い方をあげるときりがありません。

ご自分では意識していないものもたくさんあるかと思います。

その時々の体の使い方くせが徐々に体に負担をかけ、季節の変わり目や疲れている時、仕事が忙しかった時に急に痛みが出てしまいます
多くの場合、原因は一つではなく様々動きの要素が関わってきます。

3、大きな負担がかかりすぎている

デスクワークでも重労働でも
負担は同じです

3つ目の原因としては、腰に大きな負担がかかっているという事です。

これは、

  1. 1回で大きな負担がかかるという状態 と、
  2. 小さな負担が毎日徐々にかかることで、大きな負担になってしまう状態

 の2パターンがあります。

1回での大きな負担とは事故や転倒などで腰に大きな負担がかかる事。これは皆さん気をつけていると思います。

問題なのは小さな負担の方です。
重労働をする人は毎日の負担に負けない体づくりが必要です。
それと同様にデスクワークをしている人も実は同じ様に腰痛になりやすく、腰痛にならない為の体づくりが必要です。
デスクワークをしている方がなぜ腰痛になりやすいのかというと、
同じ姿勢を長時間続けていることが、筋肉への負担になり、炎症を起こしてしまうからです。

重たいもの等を持たないので、そんなに腰に負担がかからないのでは?と思われがちですが、小さな負担が積み重なっているのです。

あなたの腰痛の原因、見つかりましたか?

院長写真

ケアレッチ鍼灸院院長の大矢です。
あなたのお悩みを解決します!​

腰痛を起こす3つの要因、思い当たることはありましたか?
気づきが解決の第一歩です。

自分がどこに当てはまるのか。見直してみてください。

これが原因、と分かったら改善するために、対策を打っていきましょう。

 

続いて腰痛を予防する方法について、書いていきたいと思います。
公開まで、もうしばらくお待ちください。

 

当院では問診で患者様の日常の過ごし方についてお話しすることを心掛け、腰痛の原因がどこにあるのか、ご自分では気づかないところまで見つけ出せるよう努めています。姿勢、歩行の仕方なども実際に院内で歩いて頂き、患者様の状態を確認しています。

「自分ではどの姿勢なのか分からない。」など、実際に見てもらいたいという方は、私達が責任をもって見させていただきます。お気軽にお問合せ下さい。

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。
※下記のリンクから、本ページと関連するページのリンクを設定してください。

お気軽にお問合せ・ご予約ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
046-259-9871
受付時間
月曜〜金曜
AM9:00~12:30 PM14:30~20:00

土曜
9:00~15:40(休憩なし)
定休日
 日曜・祝日

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約

046-259-9871

<受付時間>
月曜〜金曜9:00~12:30/14:30~20:00
土曜9:00~15:40
※日曜・祝日は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

RESERVA予約システムから予約する

新着情報・お知らせ

2022/08/16
はりとお灸の違いとは」アップしました。
2022/08/06
コラム 生理中の腰痛」アップしました。
2022/08/04
「腰痛の人はなぜ肩こりになりやすいのか?」のページをアップしました。
2022/07/29
「はりをした後注意した方が良い3つのポイント」のページをアップしました。
2022/07/28
はりはどんな時に有効か?」のページをアップしました。
2022/07/27
7月19日よりかながわペイが開始されました。当院でもご利用できます。詳しくはこちらをご覧ください。
かながわぺい公式HP

メニュー

ケアレッチ 鍼灸院・整骨院

住所

〒252-0324 
神奈川県相模原市南区相武台
1-25-2 佐藤ビル1F

アクセス

相武台前駅北口 徒歩2分 
駐車場:提携コインパーキングあり 無料

受付時間

月曜〜金曜
9:00~12:30/14:30~20:00
土曜
9:00~15:40

定休日

日曜・祝日