〒252-0324 神奈川県相模原市南区相武台1-25-2 佐藤ビル1F
相武台前駅北口 徒歩2分 駐車場:無料提携コインパーキングあり

  日祝
9:00~12:30最終受付 _
14:30~20:00最終受付 _ _

△:9:00~15:40受付終了

お気軽にお問合せ・ご相談ください

046-259-9871

東洋医学と西洋医学の違い

 私達が子供の頃から行っている小児科や内科など病院で受ける医療は西洋医学です。それに比べて東洋医学はなかなか馴染みがない方も多いのではないでしょうか。

西洋医学と東洋医学がどの様に違うのか、解説していきます。

 

東洋医学と西洋医学の違い

 西洋医学は解剖学や生理学、病理学を基本として体をとらえ、悪くなっている場所に対して、投薬や手術を行います。

東洋医学では、悪くなっている場所に対して施術するのではなく、身体の働きを整えることで悪い所を治していきます

西洋医学では病巣のある所や、悪くなっている場所に直接アプローチしますが、東洋医学は人の体全体全体を診て、症状を捉えていく全身治療です。


このような違いがあり、同じ腰痛という症状に対しても全くアプローチが異なります。
 

治療方法の決め方

まずは、お体の状態を確認します

 整形外科など西洋医学では、問診で何があったのか、どこが痛いかの確認をします。その後、痛い場所・関連するところの検査をします。

多くの場合、レントゲンやMRIなどの画像診断が主です。そして、その画像の結果から、病名を確定し、治療方法を決めます。

 それに対して、東洋医学では、お体がどんな状態なのか
望聞問切(ぼうぶんもんせつ)という東洋医学流の検査をします。

顔色や、お体の皮膚の状態、お体の全体をみる望診
声の調子や、病に独特の匂いがないかをみる聞診
患者様に直接問いかけて聞く問診
体に直接ふれて状態をみる切診
切診は手首で脈をみて、お腹を触って体の調子を確認します。

これらを総合的に判断して”証(しょう)”を立てます。これは西洋医学で言う病名みたいなものですが、体質やその時の体の状態全てをひっくるめた”みたて”です。この証に従ってどの様な治療をするかを決めます。

どんな症状に対しても体の一部分だけを見るのではなく、1人の人の体全体でひとつ。と考えて治療していくのが東洋医学の特徴です。

治療の手段

鍼、灸、漢方

 整形外科など西洋医学では、例えば脊柱管狭窄症など病名が確定したら、お薬や、理学療法、場合によっては手術といった方法で治療をしていきます。

 東洋医学では、四診法でたてた証に従って、鍼、灸、漢方で治療していきます。鍼灸院ではこの内の鍼と灸を行なっていきます。

具体的にどのように施術していくのかはコラム記事『鍼灸ってどんな治療なの?』をどうぞ。

東洋医学と西洋医学のそれぞれの得意分野

未病を治す東洋医学

 西洋医学は、画像診断で写るような状態に対する治療が得意です。骨折であれば骨を継いで固定して、痛み止めのお薬を飲んで。と治療方法がはっきりしています。

直接悪いところにアプローチする分、治療効果も早く因果関係がはっきりしています。

 逆に画像診断で状態がわかるほどには悪くなっていない、病気になる前の段階の症状に対しては、病名がつかないので「一応、湿布を出しておきますので、様子を見ましょう」といった対応になってしまいます。骨に異常がなく目立った炎症などもない様な場合です。
もしくは、変形が始まっているけれど手術するほど悪くなっていない場合、それに対しての決め手となるお薬や治療方法がなく、「悪くなるまで放っておけってこと?」と不安になったことのある方も多いのではないでしょうか?

 東洋医学は、全身をみる医学なので、体に不調を感じたら体の働きを整える治療をしていきます。「未病」を治すのが東洋医学の得意分野の一つなのです。
未病のうちに健康な状態に戻して大病をすることなく過ごす。そんな昔からの知恵が詰まっているのが東洋医学だと思います。

 そして、もう一つ。体にいろいろとつらさの出てくる自律神経系の症状は、東洋医学が得意とする分野のひとつです。

 西洋医学であれば、眠れない、寝汗をかく、目がかすむ、日中だるい、腰が痛い、痺れる感じがする。など、それぞれの症状に対して対応する科がちがうので、それぞれの治療を受けると大量のお薬を飲まなければいけない。ということになりがちです。

 東洋医学では、それらの症状がでているその人の体全体が対象なので、全ての症状を含めて把握した上で1つの証をたて、治療していきます。(実際いろいろな症状は関係ないわけではなく、複雑に関連しあって起きています。)
なので、むだなお薬の重複が起こることもなければ、専門科目のたらいまわしにあうこともありません。

 また、腰痛で気持ちまで沈んでしまって、精神的にも辛い。そのせいで食欲もなく、体全体がだるい。そんな状況に対しても、鍼灸治療では自然に全ての症状への治療になっていきます。

 
 西洋医学も東洋医学もおなじように長い経験が積み上げられてできている頼れる医療です。
ただ、人の体の捉え方が全く違うので、それぞれの得意分野があります。上手に利用してください。

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

お気軽にお問合せ・ご予約ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
046-259-9871
受付時間
月曜〜金曜
AM9:00~12:30 PM14:30~20:00

土曜
9:00~15:40(休憩なし)
定休日
 日曜・祝日

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約

046-259-9871

<受付時間>
月曜〜金曜9:00~12:30/14:30~20:00
土曜9:00~15:40
※日曜・祝日は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

RESERVA予約システムから予約する

新着情報・お知らせ

2022/08/16
はりとお灸の違いとは」アップしました。
2022/08/06
コラム 生理中の腰痛」アップしました。
2022/08/04
「腰痛の人はなぜ肩こりになりやすいのか?」のページをアップしました。
2022/07/29
「はりをした後注意した方が良い3つのポイント」のページをアップしました。
2022/07/28
はりはどんな時に有効か?」のページをアップしました。
2022/07/27
7月19日よりかながわペイが開始されました。当院でもご利用できます。詳しくはこちらをご覧ください。
かながわぺい公式HP

メニュー

ケアレッチ 鍼灸院・整骨院

住所

〒252-0324 
神奈川県相模原市南区相武台
1-25-2 佐藤ビル1F

アクセス

相武台前駅北口 徒歩2分 
駐車場:提携コインパーキングあり 無料

受付時間

月曜〜金曜
9:00~12:30/14:30~20:00
土曜
9:00~15:40

定休日

日曜・祝日