〒252-0324 神奈川県相模原市南区相武台1-25-2 佐藤ビル1F
相武台前駅北口 徒歩2分 駐車場:無料提携コインパーキングあり

  日祝
9:00~12:30最終受付 _
14:30~20:00最終受付 _ _

△:9:00~15:40受付終了

お気軽にお問合せ・ご相談ください

046-259-9871

腰痛予防 イスの座り方

台座灸の写真
長く座った後の立ち上がり時の腰痛

 椅子から立ち上がった時にイタタタタ!と、なるタイプの腰痛があります。
その中でもソファーに座っていて、立ち上がろうとした時にギクっとなり、そのままギックリ腰になってしまうこともあります。

経験ありませんか?出来れば予防したい腰痛です。

 このような腰痛を予防するために、どのような椅子にすわるのが良いか、また、正しい座り方はどんな座り方か、解説していきます。

 この記事は、ケアレッチ鍼灸院院長 大矢忠が記事を書きました。

 

 

座っているだけで腰が痛くなる原因とは?

 すわるイスの種類や座り方によって腰痛になったり、ひどくしてしまう事があります。
普段はあまり気にしない椅子の座り方、気をつけて腰痛を予防していきましょう。

腰痛の時絶対に座ってはいけないイスは?

ソファー

 腰痛の時に座ってはいけないイス。それはソファーです。
特に柔らかくて沈み込んでしまうようなソファーは絶対にNG。

 なぜ沈み込むソファーは良くないのでしょう?座っている時の姿勢をイメージしてみて下さい。
ソファーに座ると、お尻が沈み込み、骨盤が後ろに倒れてしまいます。この姿勢になると、腰の縦に伸びる筋肉(脊柱起立筋)をグ~っと引き伸ばしてしまいます。
このような状態で何時間も座っていると、筋肉は悲鳴をあげています。

 ソファーに座る時は、できる限り短い時間にするか、30分ごとで立ち上がるなど長時間続けて座らないように注意してください。

車の座席も腰痛の原因に!?

選択肢 バツ

 車の座席も要注意です。ご存知でしょうか?車の座席はまっすぐではなく、前の方が高くなりお尻の辺りが少し下がっていますソファーと同様、骨盤が後ろに倒れてしまうのです。

 これは、お尻と太ももにかかる重みを背中側へ分散させる工夫なのですが、その角度によっては腰痛で腰の筋肉が弱っている人には負担になります。

 さらにハンドルを持っているので、腕と上半身は前にでます。反対に、骨盤は後ろに倒れているので、背もたれの角度を倒し過ぎると腰に負荷がかかります。

 お尻の下にタオルなどを敷いて、座面を高くして座ると骨盤が後ろに倒れにくくなります。自分にぴったりの角度を試してみてください。

 

腰痛になりにくい椅子ってどんなイス?

ダイニングチェアー

 腰痛になりにくい椅子とはどんなイスでしょう
それは、ダイニングチェアーです。

 座面は柔らかすぎないクッションが入っていても構いません。両足をしっかり床について座れる高さのものが理想です。

 両足の裏で床を踏みながら、太腿とお尻で自分の体重を支えられる。そして、骨盤が後傾しないように広い背もたれで背中を支えてくれるダイニングチェアーは腰痛を防ぐ椅子と言えるでしょう。

 食事をする際に大事なことは背筋が伸びて安定して座れることです。猫背になり胃を圧迫しにくい様に最適な座り方を提供してくれるダイニングチェアーは、腰にも優しい椅子です。

正しい座り方とは?

選択肢 バツ

  では、次に正しい座り方です。

 ”正しい座り方”は骨盤が後ろにも前にも倒れていない状態で座れる状態です。

 背筋を伸ばすことを意識しすぎてしまうと、腰の筋肉に力が入ってしまい、逆に筋肉に負担がかかってしまいます。腰や背中を意識するのではなく、骨盤が立つように座ることを意識しましょう

おすすめの座り方:
 太ももから足の後ろ側をさすり上げていくと骨が手に触れます。これが坐骨(ざこつ)という骨です。ベンチに座るように自然に座ると椅子にあたるところにあります。両足の裏を床についた状態で、骨盤を立てて、この『坐骨』を座面につけて座るのが正しい座り方です。

 そのほかに、椅子を使わない場合の座り方お話もしていきましょう。
腰痛の方におすすめの座り方は、正座あぐらです。お姉さん座りや、体育座り、長座など様々な座り方がありますが、長時間座るのには向いていません。
 正座は腰にはいいのですが、足が痺れてしまったり、膝に負担がかかるので難しい方もいると思います。なので、床に座る時のおすすめの姿勢はあぐらです。あぐらをかく時も長い時間になると骨盤が後傾してくるので、必ずお尻の下にクッションを入れて、お尻の部分を高くして座るようにしましょう

 

まとめ

 いかがだったでしょうか?毎日している”座る”という事にちょっと目を向けて辛い腰痛を改善するきっかけにしていただけると幸いです。

 ここで、もう一つアドバイスです。
 イスに座る際には、座り方と同じくらい注意していただきたい事があります。それは、同じ体勢を長時間続けないということです。

 どんなに椅子に気を使っても、どんなに座り方に気をつけても、同じ姿勢を続ける事は血行を悪くし、筋肉を固くします。

 自分のペースで動ける方は、30分のタイマーをかけて動いたり立ったりすると、腰回りをやわらかく保てます。また、会社でデスクワークという方も、正しい座り方を心掛けながら3時間も4時間も同じ姿勢にならないよう適度に休憩を入れ体を動かすように意識して過ごしましょう

 

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

お気軽にお問合せ・ご予約ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
046-259-9871
受付時間
月曜〜金曜
AM9:00~12:30 PM14:30~20:00

土曜
9:00~15:40(休憩なし)
定休日
 日曜・祝日

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約

046-259-9871

<受付時間>
月曜〜金曜9:00~12:30/14:30~20:00
土曜9:00~15:40
※日曜・祝日は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

RESERVA予約システムから予約する

新着情報・お知らせ

2022/08/16
はりとお灸の違いとは」アップしました。
2022/08/06
コラム 生理中の腰痛」アップしました。
2022/08/04
「腰痛の人はなぜ肩こりになりやすいのか?」のページをアップしました。
2022/07/29
「はりをした後注意した方が良い3つのポイント」のページをアップしました。
2022/07/28
はりはどんな時に有効か?」のページをアップしました。
2022/07/27
7月19日よりかながわペイが開始されました。当院でもご利用できます。詳しくはこちらをご覧ください。
かながわぺい公式HP

メニュー

ケアレッチ 鍼灸院・整骨院

住所

〒252-0324 
神奈川県相模原市南区相武台
1-25-2 佐藤ビル1F

アクセス

相武台前駅北口 徒歩2分 
駐車場:提携コインパーキングあり 無料

受付時間

月曜〜金曜
9:00~12:30/14:30~20:00
土曜
9:00~15:40

定休日

日曜・祝日